読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他人の空似

ただの日常報告と生存確認を兼ねたブログです。更新してない時は多分死んでいます。その他にお知らせ兼宣伝で趣味の創作小説の内容や小ネタを載せたりします。

【創作】鬼レコ 御鬼一族紹介

▼御鬼とレコードの設定を書いておこうかなと…設定を練りすぎて忘れそう……。

▼あらすじは前回の記事↓を参考にしてください。 

mgtmtgm.hatenadiary.com

▼紹介は↓からです。

 ・

 ・

 ・ 

御鬼の一族

  • 多前門(たぜんもん)

 御鬼の中でも名のある一族で、その実力は裏世界で必ず耳にするほど。一族間の繋がりが強く、構成員のほとんどが武闘派ぞろい。中には純粋な御鬼ではない者や、人間、その他異業種が加入しており、生まれや育ちに関わらず、人数は圧倒的に多い。金や権力に屈することは無く、自分の力と心にのみ従うことが常。一族総じて性格や人格、思考に難あり。

  • 時帝(ときみかど)

 御鬼の中でも呪術を使う一族。人数、規模などは他の一族よりもはるかに劣る。寿命は長く、能力は御鬼の中でも強い。しかし、身体能力や免疫能力はとても低く、呪術によって自分を守る壁に守られている。一族間の繋がりは強いが、それ以外には心を開かず信用しない。普段は姿を見せず、連絡手段は限られている。者によっては姿どころか存在すら知られていない者すらいる。

 裏世界全域に散在している一族。糸隠岐ということは普段は名乗らず、自分で新しい苗字を付けては名乗るぐらい一族としての繋がりや誇りは希薄。兎に角、お祭り好きで喧嘩っ早く楽天的。裏世界の祭りや催事には一族の多数が集まることで知られている。興味のある事には病的に極めようとするので、個人の能力が偏っている。しかし、金の使い方が下手で金儲けの類はできない。とても刹那的な生き方を好む傾向がある。

  • 鐘束(かねさと)

 裏世界全体で病を治すことを生業としている一族。全員が一流の医者であり、薬師であり、暗殺者。生殺与奪を自分が握っていないと気が済まない質で、プライドが高く自信家。自身の誇りと尊厳を尊重しており、基本的に自分ルールに従う。経済力、総資産額は他を圧倒しているが、私生活は質素で欲が少ないため、貯まる一方。一族の目標は全ての病の根絶。その為、他者との繋がりを持とうとしない時帝とは仲が悪い。一族総じて私生活が壊滅的。

  • 夜須方(やすかた)

 最強の御鬼を造ることに執念を燃やす一族。昔に多前門家と覇権争いをした時に惨敗し、領土の大半と権利や所有物の一部を持って行かれたため。他の一族と違い、大柄で手足が長く、角が無い。今は見る影はないが、四季を愛で、動植物の声に耳を傾ける穏やかな一族だった。外見が人間に似ているため、他の一族から人間との混合種であるとレッテルを貼られていた時期があった。現在は解消されているものの、溝は深い。

 

その他

  • 綿月(わたつき)/桐ヶ瀧(きりがたき)/雪籠(ゆきごもり)/沖辰田(おきたつた)/虚星(うろぼし)/永桜(ながさくら)

 御鬼では無いが各町を自治する組織。構成員は御鬼ではない者が多く、大抵は混血種や表世界から流れてきた者。単体での戦力は無いに等しいが、情報網や町への貢献度は御鬼から評価されている。主な活動内容は町の治安維持とゴミ拾い、屋根の修理、ペット探し、喧嘩の仲裁、買い物の代行、子どもの遊び相手etc……基本無償であるがたまにお小遣い程度をもらえる。所属している理由は個人で違う。入るには関係者(御鬼、構成員、町のお偉いさん等)の紹介が必要。

 

 

▼次回は、『御鬼の一族同士の違い』です。

▼構成員数やそれぞれの特徴、勢力分布、戦い方の系統など……。

▼それでは!!